精力剤 おすすめ

精力剤の効果で勃起力回復!おすすめのサプリを実体験からランキング!

マカという精力剤について ~その効果のほどは?~


現代社会の男性の中には、不規則な生活習慣や過労、ストレスなどによって精力が低下し、肝心な時に勃起できなくなるという悩みを抱える人が少なくありません。

 

 

そんな人の多くが効果のある精力剤を試して、往時の精力や勃起力を取り戻すべく躍起になっています。

 

 

そんな方々に向けて、マカという精力剤について、どのようなものであるか、また発揮する効果などについていろいろと紹介したいと思います。

 

 

マカとはどのようなものか

 

 

最初にマカがどのようなものかについて見ていきましょう。マカは南米のペルーの山岳地帯に自生するアブラナ科の根菜です。

 

 

ペルーの山岳地帯であればどこにでも自生しているわけではなく、標高4000~5000mという日本の富士山よりも標高の高い、寒暖差の厳しいところにしか生息していません。

 

 

古い時代から活力の源とされており、ペルーを中心にさかえたインカ帝国の時代から貴重な栄養源とみなされていました。

 

 

現在でもマカは生の状態でペルー国外へ持ち出すことが禁止されています。ただし、精力剤として日本国内でも広く出回っているのは、マカをサプリメントという形に変えた後で日本に入ってきているためです。

 

 

栄養素に各種ビタミンや脂肪酸、必須アミノ酸などを豊富に含むため、美容や健康、精力の活性化、妊活へのパワーなどにおいて大きな効果を発揮します。

 

 

マカはどのようにして精力を活性化させる?

 

 

それでは、このマカはどのようにして精力の活性化に効果を発揮するのでしょうか?ここで重要なのが、マカにはアルギニンと呼ばれる成分が含まれていることです。

 

 

実はマカが精力の活性化につながる大きな要因こそ、マカに豊富に含まれるアルギニンによるものといえます。

 

 

アルギニンはアミノ酸の一種ですが、その効能の1つに血管の働きを活性化させるというものです。

 

 

勃起をするにせよ、また精子が活発に製造されるにしても血管の働きによるところが大きいといえます。血管の働きを促すには、血管そのものが拡大して、その中を血液がスムーズに流れていることが大切です。

 

 

具体的には、アルギニンは体内での一酸化窒素の生成を助けますが、この一酸化窒素が体内の血管の拡大や血流の改善に大きな役割を果たしています。

 

 

つまり、マカの摂取で豊富にアルギニンを取り込むほど、血管の拡大や血流の改善につながる、というわけです。

 

 

血流が改善されれば、精子の製造能力も強化されるだけでなく、精子そのものも強いものになります。というのも、精子を構成する成分のほとんどがアミノ酸であるためです。

 

 

先ほど、アルギニンもアミノ酸の一種であることは書きましたが、アルギニンを豊富に摂取することは精子そのものを強化することにもつながります。

 

 

勃起力の方も血流の改善で強くなります。性的興奮が勃起神経に伝わることで、ペニスの海綿体に大量に血液が流れ込むことで、大きく膨らむためです。

 

 

成長ホルモンの大量分泌も助ける

 

 

マカに含まれるアルギニンは血液の流れの活性化という手段だけではなく、脳下垂体から分泌される成長ホルモンの分泌を促すことによっても精力の回復に貢献します。

 

 

成長ホルモンは骨や筋肉の成長を助けるものですが、精力の回復にも欠かせないものです。

 

 

つまり、成長ホルモンが多く分泌されるほど精子の製造能力が強化されるというわけです。

 

 

そのため、アルギニンを豊富に含むマカを摂取することは成長ホルモンを大量に分泌するうえでは欠かせません。

 

 

コレステロールを抑えることでも精力回復に貢献

 

 

マカが精力回復に貢献する働きはまだまだあります。それは体内のコレステロール値が正常になるように調整する、というものです。

 

 

コレステロール値が高い状態というのは基本的に肥満が原因で中性脂肪が多くなっている状態を指します。そして、中性脂肪が多いと動脈硬化を越しやすくなるのです。

 

 

コレステロール値が高いとどのようなメカニズムで精力の減退につながるかといえば、一言でいえば血管の流れが悪くなることによって、精子を製造したり、勃起をしたりする力が減退するということです。

 

 

精子の製造や勃起がスムーズに行われるには血流が滞りなく流れている状態が保たれているというのが前提となります。

 

 

しかし、高すぎるコレステロールは血管に不純物を多く作り出し、一方で血管の酸化を促進する働きがあります。

 

 

そうなると血管はしなやかさを失ううえに細くなり、血流が滞りがちになります。このため、睾丸やペニスに十分な血液が行き届かなくなり、精力が落ちることにつながるのです。

 

 

マカに含まれるアルギニンが持っているコレステロール値を調整する働きが精力の回復に欠かせないものであるのは以上のような理由によるものです。

 

 

ちなみに動脈硬化が起これば、精力が落ちるだけにとどまらず、脳梗塞などの命にかかわる恐ろしい病気を引き起こすリスクも高まるため、常に注意が必要です。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?マカは最近、精力回復に効果があるということで注目されている精力剤ですが、豊富に含まれるアルギニンが血管の流れを改善したり、コレステロール値を調整し、さらに成長ホルモンの分泌を促したりするなど、精力剤としては申し分ない効果を持っています。

 

 

どの精力剤を使うかで悩んでいる人はぜひとも試してみて下さい。

 

精力剤の種類

この記事に関連する記事一覧