精力剤 おすすめ

勃起力増大!おすすめの精力剤サプリを実体験からランキング!

EDに年齢は関係がない!?年齢だけでなくこんな要素も!


ED(勃起障害)と聞くと、もしかすると中年以上の人がなる病気というイメージを持っている人が多いかもしれません。

 

 

たしかに、データの上でも40代以上の男性がEDを発症している例が少なくないですから。この点は加齢による体質の変化も大きいのでしょうね。

 

 

しかし、実はEDになる成人男性に年齢はあまり関係していないということはご存知でしょうか?

 

 

今回は、年齢からEDについて見て、年齢が与える影響がどの程度のものであるか、そして年齢以外に気を付けるべき要素について見ていきます。

 

 

年齢別でEDが多い世代とは?:

 

 

まずは、EDを発症しやすい年齢について見ていきたいと思います。少し古いデータですが、1998年に成人男性に行ったEDについての調査(白井將文氏による)の結果を引っ張ってみますと、成人男性のうちの4人に1人がEDを発症しています。

 

 

そして、30代が10%前後であるのに対し、40代前半が約20%、40代後半が約18%、50代で40%を超える数字となっています。

 

 

ただし、この割合の数字は中折れする人や完全に勃起ができない人のみを示しているもので、比較的軽度のEDを発症している人も含むとさらに増える計算です。

 

 

データの方に話を戻しますと、40代から上の世代で急にED患者が増えるのは仕事をしていて役職についたり重要な仕事を任されたりするなど、ストレスがたまりやすい環境に置くようになりがちであること、さらに加齢による体質の変化で代謝が悪化しやすく肥満にもなりやすいこと、そして長年の身体によくない生活習慣が病気という形に発展するケースがあることなどが挙げられます。

 

 

40代以下であっても甘く見てはいけない:

 

 

ここまで見てきたようにEDは40代以上という中年世代より上の男性たちほどなりやすい傾向にあります。だからといって、比較的若い20代や30代の男性でもEDになるリスクがないわけではありません。

 

 

特に肥満や高血圧、高血糖、糖尿病などの傾向のある人はEDにかかりやすいといわれています。

 

 

いずれの病気も体内の余分な脂肪や糖分などが血管をボロボロにしたり、動脈硬化の原因になったりして血流が滞りがちになりがちという状態に陥る原因です。

 

 

勃起するメカニズムは、性的興奮が勃起神経を通じて伝わるのと同時に大量の血液がペニスの海綿体に流れ込み、その影響でペニスが膨らむ、というものであるため、血流が悪くなると十分にペニスが膨らまなくなってしまいます。

 

 

このように血流は勃起をするうえでも不可欠な要素ですが、肥満や高血糖といった病気はその血流を阻害する要因であるため、放置しておくとそのままEDの原因となるのです。

 

 

また、近年では仕事の中でも若手を抜擢するところも多いため、20代や30代であっても中間管理職として責任ある仕事を任されるケースもよくある話です。

 

 

しかし、そのためか、あまりにも忙しくてストレスを発散する余裕もない若年男性も多いため、近年では比較的若い20代や30代の男性でもEDになる人は少なくありません。

 

 

比較的若い世代の人たちがかかるEDは若年性EDと呼ばれていますが、仕事によるストレスの他にも厳しい家庭環境や失恋などによるショック、愛する人との死別といったことが若い世代の男性に起きた場合でも、その衝撃の大きさからEDを発症してしまう人も少なくありません。

 

 

EDが中年以上の男性の病気であるとは言えなくなってきているのです。

 

 

早いうちから注意すべき:

 

 

EDは中年以上の男性のみならず若い人たちでも生じる、そういう意味では年齢に関係なく生じる病気といえます。

 

 

そのうえ、30代でも特に後半を過ぎると記憶力や体力、持久力などの面で衰えを見せるようになってくるのが、一般的な身体の老化の傾向です。

 

 

もちろん、人によっては40代以上になっても体力などが頑健というすごい人もいますが、それはあくまでも一部の人間だけのケースで、多くの場合はゆるやかに衰えていくものです。

 

 

それに伴って勃起力や精力も年齢とともに次第に衰えていくようになります。これがさらに悪化すると体質の変化が原因で生じる器質性EDにかかりやすくなるのです。

 

 

そのうえ、現代人の生活はジャンクフードや肉中心の生活、ストレスフルな生活に運動不足になりがちな状況であるため、早くからストレスに苦しめられたり、肥満体になったりする人も少なくありません。

 

 

先ほども書いたように近年では若い成人男性でも重要な仕事を任されるなど、多忙でストレスフルな日々を送る人が少なくないため、心因性ED(つまり精神的な原因で生じるED)になる人も増えてきています。

 

 

また、ひどい場合は早くから器質性EDになる人もいるのです。

 

 

体力などの衰えやストレスフルで身体によくない生活を送りがちな現代人だからこそ、早いうちにEDの対策を兼ねて生活習慣の見直しやストレス対策などに手を付けたほうがよいといえます。

 

 

まとめ:

 

 

いかがでしたか?EDは一般的には40代以上の年齢の人に多いといわれてきた病気ですが、最近では若い成人男性でも仕事や日常生活の中でストレスフルであったり、また肥満や糖尿病といった病気になっていたりする場合に発症することがあります。

 

 

若いからと言って自分はEDにならないだろうと考えているのであれば、今すぐにでもその考え方を改めたほうがよいといえます。

 

 

若い人であってもEDになる人は増えているためです。

 

 

そして、現代人は仕事や日常生活の中に多くのEDになる要因を抱え込みがちです。だからこそ、年齢に関係なく早いうちから生活習慣を見直して、EDへの対策を講じておくことが大切です。

 

ED(勃起不全)

この記事に関連する記事一覧