精力剤 おすすめ

精力剤の効果で勃起力回復!おすすめのサプリを実体験からランキング!

精力剤の効能は男性だけにあるの?


精力剤は男性のための物、と思っていませんか?

 

 

精力剤は男性だけではなく、女性のための物もあるのです。

 

 

 

一般的に精力剤と聞くと、男性の性機能を増強されるものを思い浮かべますが、決して性機能を増強させるためだけの物ではありません。

 

 

が、ここでは一般的に言われている性機能を増強させる精力剤について説明したいと思います。

 

 

原因

 

 

そもそも、なぜ精力剤が必要なのでしょう。

 

 

男性の場合は、年とともに衰えてくる性欲を改善したり、EDや早漏、遅漏など、性機能改善をはかるために必要です。

 

 

女性の場合は、不感症や冷感症、性欲欠乏などに効果を発揮します。

 

 

精力の低下は40歳を過ぎた頃から、男性ホルモンや女性ホルモンの低下が原因で起こると言われています。

 

 

最近は更年期障害は女性だけの物ではなく、男性にも更年期障害が起こることが分かってきています。

 

 

更年期障害が起こると、まずやる気がなくなり、行動力もなくなって、慢性的にだるなることで精力減退につながっています。

 

 

原因として考えられるものの中に、加齢による血流低下やホルモンの分泌低下などの内分泌異常が考えられます。

 

 

ホルモンの急激な低下は、普段から強いストレスを受けている人にも起こりますので、若い方でも起こる可能性があります。

 

 

精力剤の種類

 

 

精力剤の種類は大きく分けて「医薬品」と「サプリメント」に分類されます。

 

 

医薬品の成分の中では、性ホルモン剤が入った強精剤などは、男性の更年期障害改善薬としても認められています。

 

 

漢方が入った強壮剤は、体の組織や器官全体の基本的な働きを支え、自然治癒力を助けて身体を壮健にし、より活力を高めてくれます。

 

 

ヨヒンビンを主成分とした薬は主に勃起薬として用いられ、薬剤師がいる薬局でないと購入することはできません。ビタミン剤やニンニク成分が入ったものなどは、滋養強壮剤としてドラッグストアで購入できるものもあります。

 

 

一方サプリメントは、ビタミン類、亜鉛・鉄などのミネラル類やアミノ酸などが有効成分として入っていて、コンビニなどでも手軽に購入することができます。

 

 

購入場所

 

 

薬剤師のいる薬局で購入できるものの中には

 

【テストステロン】

 

性ホルモン剤の一つで男性更年期障害の改善してくれる働きがあります。

 

【ストリキニーネ】

 

強力な中枢興奮作用を持つため、劇物に指定されている成分ですが、勃起促進剤として精力剤に配合されています。

 

【ヨヒンビン】

 

感神経を抑制し副交感神経を活性化させる事で、勃起を促進し、ED改善に効果があります。

 

【メチルテストステロン】

 

ホルモン剤の一つで、男性性腺機能不全や造精機能障害の治療に用いられます。

 

【ジゾノール】

 

腎臓から分泌されるホルモンの一種で、疲労回復や滋養強壮の効果があります。

 

などがあります。

 

 

一方、手軽に購入できるものは

 

 

【オットセイ】

 

カロペプタイドという成分を含んでいて、末梢血管を拡張させてる働きがあります。即効性が高く、精力減退の初期症状に効果的。

 

【マムシ】

 

血行促進・滋養強壮作用などの効果があり、タウリン・メチオニン・チロシン・グルタミン酸などを含む成分。

 

【サソリ】

 

古代アラビアで精力剤として珍重されていたこともあり、小さな体で毒をもっているという強さに肖って精力増強に繋がっているイメージが大きい。

 

【高麗人参】

 

疲労回復、解熱などの効果があります。

 

【スッポン】

 

亜鉛・鉄・カリウム・セレン・リン・マンガンなどのミネラル類を含み、古くから滋養強壮、疲労回復の効果があると言われています。

 

【ニンニク】

 

アリシン・アホエン・セレンなどの成分を含み、滋養強壮、疲労回復の効果があると言われています。

 

【マカ】

 

豊富なミネラル成分を含み、滋養強壮などの効果があります。

 

【亜鉛(あえん)】

 

前立腺で性ホルモンの生成に関与しているミネラルです。

 

【カンフェリア・ロットンダ】

 

生理痛の緩和、鎮痛作用、抗菌効果、滋養強壮、コレステロール低下などの作用があります。

 

などがあります。

 

 

薬剤師のいる薬局でしか購入できないものの多くは、劇薬指定されているものが多いので、自分勝手に判断せず、しっかりと相談してから購入するのがいいでしょう。

 

 

まとめ

 

 

性機能障害には様々な原因が考えられますが、ほとんどは年齢的なものやストレスによる自律神経の不調、生活習慣病等が複数重なったものが多い場合がほとんどです。

 

 

さらに心理的、精神的なことがらが大きく関係しますし、個人差もあるので、同じような悩みでも、原因は一人一人様々です。

 

 

薬を選ぶ前に、自分の悩みがどんなものなのかや具体的な変化、思い当たる原因を探って、どう解決したいかを考え、薬剤師に相談してください。

 

 

一人で悩んで、間違った薬を服用し、症状を悪化させたら大変です。どの薬にも、効果は期待できますが、同時に副作用もつきものです。

 

 

相談することで、副作用についても詳しい内容を聞くことができますし、自分に合った薬を選ぶことができるので、安心して服用することができます。

 

 

 

 

精力剤の効果

この記事に関連する記事一覧