精力剤 おすすめ

精力剤の効果で勃起力回復!おすすめのサプリを実体験からランキング!

何が違う?インポとEDの症状について


性機能が低下し、心ゆくまで性行為を満喫することが出来ないという方も、少なくないかと思います。

 

 

行為の最中に機能しなくなったり、1人でするときは元気なのに相手がいると反応が悪くなったり、そもそも“そういう気分”にならなかったり…。

 

 

皆さんはそういったとき、自分がどのような症状を抱えていると思いますか?

 

 

「ED」でしょうか? それとも「インポ」でしょうか? 後者の方が日常的に聞く馴染みある単語なので、自分は「インポ」であると簡単に決め付けてはいませんか?

 

 

それとももしかしたら、この両者が同じであると思っている方も多いかもしれませんね。

 

 

しかし実は、「ED」と「インポ」の間には微妙な違いが存在するのです。今回はそれをご紹介していきたいと思います。

 

 

 

【EDとは?】

 

 

まず、「ED」とは一体何を指し示す言葉なのでしょうか?

 

 

「ED」とは英語で「Erectile Dysfunction」の頭文字を取った省略形。日本語で直訳すると「勃起性の機能障害」、つまり「勃起不全」であり、簡単に言うと「勃起しなくなる状態」のことです。

 

 

日本人の成人男性のうち4人に1人がこの「ED」だと言われており、これは恐らく皆さんが考えているよりもずっと大きな数字だと思います。

 

 

「自分は大丈夫」と思っていた方も、もしかしたら明日、明後日、1週間後、数年後にはそうなっている可能性は充分にあります。

 

 

「ED」になってしまう原因としては、心的要因から来るものと身体的なものから来るものの2種類があります。

 

 

大きなストレスや精神的負担を抱えていたり、血が行き届いていなかったり高血圧や糖尿病、といったように「ED」となってしまう理由は様々。

 

 

重要なのはそうなってしまわないよう、生活習慣や食生活の見直しを行うことですね。

 

 

【インポとは?】

 

 

上記でご紹介した「ED」を「インポ」の状態と思っていた方はとても多いのではないでしょうか。「インポ」とは「インポテンツ」の省略形。これはいわゆる「性機能障害」のことです。

 

 

「インポテンツ」の場合、例えば性欲が湧かなかったり射精そのものに問題があったりなど、その意味は幅広く使われています。

 

 

性行為を行うこと自体に何かしらの問題があるときなどに多く使われるものですね。

 

 

【EDとインポの違い】

 

 

それでは、上記でご紹介した「ED」と「インポ」は何か違いがあるのでしょうか?

 

 

「勃起不全」と「性機能障害」ということでしたが、なんとなく同じ感じがしてしまいますよね。実際に、インターネットで下べたり医療機関に掛かったりしても、同義とされていることも多々あります。

 

 

しかしやはり、なんといっても「インポテンツ」と言われて良い気持ちになる人は少ないでしょう。

 

 

といいますのも、日本人にとって「インポ」という単語はどうしても差別的な意味として聞こえてしまうから。

 

 

カジュアルな単語であるが故に、どうしても差別的なニュアンスを含んでしまうのですね。

 

 

そしてこの部分で、インターネットや医療機関の中には「インポとEDは名前が違うだけだ」とするところも多いのですが、「インポテンツ」は性欲などに関する障害も含まれています。

 

 

「ED」はその行為をしたいという性欲は刺激されても、その場面になると上手く反応しないだとか、行為の最中に中折れしてしまうだとか、実際の機能に問題がある場合を指します。

 

 

また「ED」の場合は、先述しましたが理由も心的要因から来るものと身体的理由であるものの2通り。「インポテンツ」の場合、これはおおよそにして性器そのものの問題であることがほとんどです。

 

 

こうして見ると、少しずつですが確かに違いはあるのですね。

 

 

ただやはり聞こえは悪いので、医療機関などでは「ED」という言葉が使われていることも事実です。

 

 

【治療法は違うの?】

 

 

「ED」と「インポテンツ」という言葉にそれぞれ違いがあるということは、治療法にも差が出てくるものなのでしょうか?

 

 

《EDの治療方法》

 

 

EDの治療方法は様々です。

 

 

たとえばそれが身体的理由から来るものなのであれば、生活習慣や食生活を改善したり、肥満やメタボを解消することでED改善に繋がるというようなこともあるでしょう。

 

 

市販のものでも今はED改善に役立つサプリメントや精力剤などが販売されていますから、思っているよりもずっと簡単に第一歩を踏み出せると言えますね。

 

 

EDは20代、30代の男性でも掛かるもの。そうならないためにも偏った生活習慣を作らないというような予防策は必要ですが、もしEDになってしまった場合でも、何もせずに諦めることはありません!

 

 

重要なのは、自分がどういった状況に置かれているのかを理解し、しっかりとした対策を練っていくことです。

 

 

《インポテンツの治療方法》

 

 

それでは、インポテンツはどうなのでしょうか? もちろん、治療方法はあります。

 

 

しかしながらこれはEDにも言えることなのですが、何らかの症状を改善させようと思うとき、“絶対”という言葉はありません。「これをすれば必ず治る!」という万能の薬はないのですね。

 

 

ただ、スクワットやウォーキングなどで骨盤周りの筋力を高めてあげることがインポテンツ改善を補助する役割をしてくれたり、医療機関に掛かって薬を処方してもらったりなど、出来ることもたくさんあります。

 

 

【まとめ】

 

 

EDとインポテンツは細かく見てみれば、確かに違います。

 

 

ただやはり小さい頃からなんとなく親しみのある「インポ」という言葉を使うと、日本人としてはどうしても侮辱的ニュアンスを感じてしまうのも事実。

 

 

人に相談するとき、または誰かから相談を受けるときは、そういったことも考慮して、その言葉の使い分けをしたいものですね。

 

ED(勃起不全)

この記事に関連する記事一覧