精力剤 おすすめ

精力剤の効果で勃起力増大!おすすめのサプリを実体験からランキング!

不妊治療のためにEDを克服するには?


ED(勃起障害)という症状は、勃起がうまくできず、精子の方も順調に出てこない状態でもあるため、子供ができにくいことにもつながるものです。

 

 

そうなると、自分の子孫を残すことも難しくなり、さらに悪い場合であれば、夫婦関係の危機にも直面してしまいます。

 

 

このような事態を避けるには、EDという病気や症状に向き合って、きちんと治療する必要があります。つまり、EDを治すことは不妊治療の一環ともいえるのです。

 

 

今回は、不妊治療のためにEDを克服する方法について紹介していきたいと思います。

 

 

EDが不妊にもたらす影響とは:

 

 

最初に、EDが不妊に与える影響について見ていきましょう。

 

 

不妊と聞くと、女性が妊娠しづらいということで、女性特有の病気のようなイメージを持ちそうになりますが、男性にとっても決して無関係ではありません。それどころか男性不妊症という病気さえもあるほどです。

 

 

男性・女性に関係なく不妊症とは、医学の世界では結婚してからの2年間、セックスをきちんと行っているにもかかわらず、なかなか妊娠するに至らない症状を意味しています。

 

 

そして、このうち妊娠しない原因が男性の側にある状態が、男性不妊症と呼ばれるものです。

 

 

さらに、男性不妊症の主な要因が、その男性の身体が持つ精子製造機能に何らかの障害がみられることですが、そうでない場合はEDが大きな要因となってきます。

 

 

つまり、満足に勃起ができないために、いくら精子が普通通りに製造されていてもうまく射精されることなく妊娠に至らない、というメカニズムです。

 

 

このため、精子をつくる機能に異常がないにもかかわらず男性不妊症である場合は、EDの克服が不可欠となってきます。

 

 

実は男性不妊症がEDに発展する場合もある:

 

 

男性に妊娠しづらい要因があるために生じるのが男性不妊症ですが、実はこの男性不妊症がより悪化すると、EDになる場合もあるのです。

 

 

EDには大きく分けて、男性の体質や臓器に何らかの要因がある器質性EDと、その男性の精神面でなんらかの問題があるために生じる心因性EDとがあります。

 

 

このうち男性不妊症からEDに発展するケースは、主として心因性EDとなる場合が圧倒的です。

 

 

つまり、いくらセックスしてもうまく妊娠に至らないことの原因が男性にある場合、その男性にとって強烈なプレッシャーとなって精神面で大きな負担となり、結果EDになってしまいます。

 

 

EDから男性不妊症に発展する場合にしても、またその逆に男性不妊症からEDに発展する場合にしても、EDを克服することが大切になってきます。

 

 

不妊治療の一環としてのEDを克服する方法とは:

 

 

さて、ここからは不妊治療の一環としてどのようにED に向き合い、治療していくかの方法について見ていきます。

 

 

不妊治療としてのEDを克服する方法としてまず有名なのが、バイアグラを使用するというものです。

 

 

このバイアグラという薬は、服用すれば一時的ではありますが勃起の状態を維持することができます。

 

 

が、一時的にせよ勃起の状態を維持することはEDに悩む男性にとっては、勃起や射精がうまくいく成功体験を積むことで自信を持たせるという意味で非常に重要となります。

 

 

ましてや、不妊症の男性でEDが原因であるというケースにおいては、精子製造機能に異常がない場合がほとんどであるため、うまくいけばパートナーとのセックスの中で妊娠にこぎつけることもできるからです。

 

 

特に、心因性のEDで悩む男性にとってはこの方法はとても有効であるといえます。

 

 

このように不妊治療の中でEDを克服する方法として有名なバイアグラによる治療ですが、デメリットもいくつかあります。

 

 

まず、バイアグラそのものが国(厚生労働省)の認可を受けている薬であるため、処方できるのは医者しかいないという点です。

 

 

EDに悩む男性の多くが病院に行きたくない(プライドゆえにEDであることを認めたくない)ため、バイアグラを使って治療に取り組むとなると、いかにして病院を受診させるかということだけでも一苦労する羽目になるという問題があります。

 

 

また、バイアグラ自体が投与する男性によっては効果が強すぎて副作用を伴うこともあるのです。

 

 

例えば、心臓に何らかの病気がある場合には負担がかかってしまうことがあったり、また血圧が下がりすぎて貧血で倒れやすくなったりするという問題があります。

 

 

このほかにも糖尿病の人間にはほとんど効果がないという欠点もあります。

 

 

バイアグラを使用するというのであれば、これらのデメリットをよく理解したうえで使用に抵抗がない状態で服用すると良いでしょう。

 

 

次に、人工授精という方法があります。

 

 

この方法は、特にEDでもマスターベーションで精子を出すことができる男性に向いたものです。

 

 

さらに自分自身がEDであると認めたくない人には有効といえます。

 

 

というのは、取り出した精子をそのまま女性の膣の中に投入して受精させるやり方であるため、男性がセックスに失敗して落ち込むリスクを避けることができるからです。

 

 

ただし、この方法にもデメリットがあります。まずは保険がきかないため、人工授精に必要な費用はすべて自分持ちだという点です。

 

 

1度の人工授精にかかる費用は5000円から2万円といわれているため、ある程度の出費は覚悟しておかないといけません。

 

 

さらに、いくら男性から精子を取り出しても、うまく受精するかどうかはパートナーの女性の体質しだいであるため、女性の方が受精しやすいような体作りを前もってしておくことなど女性側の理解や協力が不可欠です。

 

 

もっとも、パートナーの女性の理解や協力はこの方法に限ったことではありませんが。

 

 

ED治療に抵抗のある男性や、妊娠する女性に年齢的な問題がある場合などはこの方法がおすすめです。

 

 

なお、人工授精を受けたい場合は不妊外来のある病院を受診すると良いでしょう。

 

 

最後は、精力剤で体質を改善するという方法です。精力剤はいわゆるサプリメントで、EDの克服に効果のある成分(アミノ酸や亜鉛、アルギニン、シトルリン)が多く含まれているものばかりです。

 

 

これらの成分は精力剤以外では、食べ物によって摂取するという方法もありますが、食べ物の中の含有量はそんなに多くなく、必要量をとるとなると吐くのを覚悟なくらいに食べなければいけません。

 

 

そういう意味では精力剤を使用することで、効果的に特定の成分を効率よく摂取することができるため、勃起しやすい体質に改善することができます。

 

 

そのうえ、医療品ではないため医師の診断を受ける必要もありません。

 

 

ただし、服用したときの持続期間は長くても2,3日と短いため、最低でも1年の間服用していく覚悟が必要です。

 

 

まとめ:

 

 

不妊治療のためのEDの克服の方法について見てきました。

 

 

セックスしているにもかかわらず、なかなか妊娠できなくてその原因が男性にある場合は、男性不妊症を疑うことになりますが、それとED は密接に関係があります。特に男性不妊症からEDに発展する場合もあるため厄介です。

 

 

不妊治療のためにEDを克服するにはバイアグラによるもの、人工授精によるもの、そして精力剤によるものがあります。

 

 

どの方法もメリットとデメリットとがあるため、男性の状態や意向を見極めて最善の方法を選ぶことが大切です。もちろん、パートナーの女性の理解や協力が不可欠であることは言うまでもありません。

 

ED(勃起不全)

この記事に関連する記事一覧