精力剤 おすすめ

勃起力増大!おすすめの精力剤サプリを実体験からランキング!

何気ない生活習慣がEDに影響している


EDを引き起こすものの中には普段の何気ない日常生活が関係しているものもまた多いものです。

 

 

特に体に害を与えるような可能性のある生活習慣ならば、なおのことEDを引き起こす可能性を伴っています。

 

 

しかし、これは逆に言えば、日頃の生活習慣を見直すことによってEDになる可能性を減らしたり、または既にEDの人は症状が軽くなったりすることを意味しています。

 

 

今回は、何気ない生活習慣がどのように影響を与えるか、そしてその対策について見ていきましょう。

 

 

EDは日常生活のバロメーターでもある:

 

 

EDはなんらかの原因があって、スムーズに勃起できない、あるいはできても中折れしてしまう症状で、勃起というもの自体が精力や血流と深い関係にある現象である以上、日常の生活習慣が規則正しいものであるかによって大きく影響されます。

 

 

精力がみなぎっていて、かつ血流がスムーズであることが勃起のスムーズにできるための条件である以上、生活習慣が悪化すればするほどEDを発症するリスクも高まります。

 

 

EDには大きく分けて体質の疾患が原因で生じる器質性EDと、精神的な症状が原因で生じる心因性EDとがあります。

 

 

このうち器質性のEDは内臓関係の何らかの病気や症状によって生じますが、特に気をつけなければ日頃の生活習慣のゆがみが原因で発生する生活習慣病です。

 

 

特に運動不足や過度の喫煙、飲酒、さらに肥満などの生活習慣の乱れが、そのままEDに直結しやすいということが最近の研究で明らかになってきています。

 

 

言い換えれば、日頃から生活習慣に気を付けていないとEDを発症する可能性が高くなる、といえるのです。

 

 

よくない生活習慣(1)-喫煙:

 

 

喫煙、つまりタバコは男性の中にはストレス発散の手段として使っている人が多く、また非常に常習性の高い嗜好品です。

 

 

しかし、タバコの中には多くの種類の有害物質が含まれており、これらの有害物質が体内に取り込まれると、血管にある細胞を傷つけ、血管内被障害を引き起こします。

 

 

血管は傷つくとしなやかさが失われるだけでなく、血管の拡大を促す一酸化窒素も減少します。

 

 

おまけに、毛細血管に至るまで収縮し、その太さも細くなるため、血流が不足し、重要な物質がいきわたるのにも時間がかかってしまうのです。

 

 

この影響はもちろんペニス周りの毛細血管にも及び、特にニコチンは毛細血管を大きく収縮させるため、勃起の際に大量の血液が流れるのを阻害します。

 

 

このため、性的興奮を感じていても血流が不足しているために満足のいく勃起がしづらくなり、最悪の場合全く勃起しないということもあり得るのです。

 

 

よくない生活習慣(2)-過度の飲酒:

 

 

タバコだけでなく飲酒の習慣も実はEDの引き金になります。ただし、適度な量のお酒であればむしろED 予防の手段として適したものです。

 

 

というのは、飲酒によってアルコールデヒドロゲーネーゼとよばれる酵素が活性化し、それによって体内での活性酸素の生成を防止してくれるためです。

 

 

活性酸素は血管や神経を傷つけるもので、血管が傷つくと勃起にも悪影響を及ぼします。だからこそ適量であれば飲酒の習慣は逆にEDの防止にもつながり、また健康にも良い影響を与えます。

 

 

しかし、いくら飲酒の習慣がEDの防止につながるとはいっても、量があまりにも多すぎると逆にEDの原因になってしまいます。

 

 

まず、お酒の飲みすぎは脳にある神経細胞に影響を及ぼすため、脳がマヒして正常な勃起のメカニズムを狂わせてしまうためです。

 

 

過度な飲酒が常態化する、つまりいわゆるアルコール中毒に陥ると脳そのものが委縮して様々な病気のリスクが高まります。

 

 

生殖機能に限ってもEDが発生しやすいだけでなく、男性ホルモンの分泌が阻害されたり、睾丸が委縮してしまったりするなどの悪影響が出てしまうのです。

 

 

よくない生活習慣(3)―運動不足:

 

 

運動不足もEDの原因になる要素です。というのは、日頃運動をすることで筋肉を鍛えられたり、また血流が促進されたりするなどの効果があります。

 

 

しかし、運動をあまりしない生活習慣では筋肉が鍛えられず、その影響で血流も悪くなりがちです。

 

 

勃起という現象には血流が十分であることが前提であるため、血流が悪いと正常に勃起できない状態に陥ってしまいます。

 

 

また、運動不足で筋肉があまり鍛えられていないと基礎代謝も落ちるうえ、これに肥満が加われば活性酸素が生成されて血管を傷つけるため、これによっても血流が滞りがちになってEDを引き起こしてしまいます。

 

 

生活習慣由来のEDは生活習慣の見直しから:

 

 

以上のように、私たちの何気ない日々の生活習慣によってはEDを引き起こす場合もたくさんあります。

 

 

このため、私たちは日頃から規則正しい食習慣や運動を心掛けることが大事です。飲酒についても適量を守っていればED防止につながるので、ほどほどを心掛けるようにしましょう。

 

 

そして、タバコについてはEDの大きな要因となるので、できれば思い切ってやめると良いです。

 

 

まとめ:

 

 

普段の生活習慣の中にもEDになる要素が多い現代人の生活ですが、逆に言えば生活習慣に気を付けて、規則正しく毎日を送っていればEDを防止することができます。

 

 

少しでもEDになりそうな心配のある人も、またそういう心配が特にない人もED防止ということも考えて生活習慣を見直してみてはどうでしょうか?

 

ED(勃起不全)

この記事に関連する記事一覧