精力剤 おすすめ

精力剤の効果で勃起力回復!おすすめのサプリを実体験からランキング!

ED治療の今はどうなっている?


EDに悩む男性ならば、その悩む現状を何とかしたいと思っていない人はまずいないでしょう。

 

 

なにしろ、パートナーとのセックスの最中に肝心の自分のペニスが膨らまないという現実を突きつけられているのですから。

 

 

この現実そのものがとても恥ずかしいことであるうえ、他人にはなかなか相談しづらくいために、人によっては病院でのED治療を受けたくないという人も少なくありません。

 

 

が、ED治療がどのようなものか、そしてその現状がどうなっているかについて知っておくことは決して損にはならないと思います。そこで今回は、ED治療の現状について見ていきましょう。

 

 

ED治療の基本的な流れとは:

 

 

とはいえ、いきなりED治療の話をするにしても、まずはその流れを知っておかなければ、そこから先のことも理解するのは大変かと思います。

 

 

この項ではED治療の基本的な流れについて見ていきましょう。

 

 

まず、ED治療自体は専門のクリニックのほか、大きい病院であれば泌尿器科で受診することができます。

 

 

ちなみにED治療は基本的に保険の適用範囲外であるため、通院には保険証は必要ありません(ただし、EDの原因によっては保険が適用される場合もありますので、初診の時は保険証がないよりもあったほうがいいかもしれません)。

 

 

さて、初診で受診する場合は、最初に問診票に必要事項を記入します。主な記入項目は生活習慣に既往症、すでに服用している薬があるかどうかなどです。

 

 

その問診票に基づいて医師の問診があり、この際に勃起能力やEDの原因について特定します。さらに血圧測定も行ったうえで、ED治療薬を服用しても差し支えないかどうかを判定してもらうのです。

 

 

ただし、心臓関係の疾患などの既往症がある場合は、ED治療薬の副作用の影響を受けやすいということで治療できないということになる場合もありますので注意が必要になります。

 

 

もちろん、問診の際には医師にありのままの現状を伝えるようにしましょう。相談しにくいことがあっても、医師の方は理解できているため、あまり恥ずかしがることはありません。

 

 

その後、治療薬を処方してもらって、すべて終われば会計ですが、先ほども書いたようにED治療は基本的に保険が適用されないため、診療費や検査費などはすべて自己負担ということになります。

 

 

このため、保険がきく一般の診療以上にお金がかかる場合もあることや、患者個人の症状や原因などによって治療費が大きく異なるということはあらかじめ理解しておくべきです。

 

 

EDの治療薬とはどんなもの:

 

 

ED治療の基本的な流れについて理解できたら、次はED治療に使われる薬について見ていきましょう。

 

 

最も一般的な治療薬が1999年に登場したバイアグラで、ED治療薬の中では日本人男性にとっても人気の高いものです。

 

 

ただし、国(厚生労働省)が認可した治療薬であるため、処方できるのは病院やクリニックの医師だけです。

 

 

このため、バイアグラで治療したいという人は病院やクリニックに通院して、そこで医師に処方してもらうことになります。

 

 

さて、バイアグラはEDにかかっている男性でも一時的ながら勃起ができるように働きかける薬です。

 

 

服用から30分程度で効果が出始め、1時間経過する頃には効果がピークを迎え、その後は緩やかに効き目が薄れていくというものです。

 

 

このため、バイアグラを服用したうえでセックスに臨むという人は、セックスの少し前あたりに服用するのがタイミングとして適しています。

 

 

ただし一時的に改善するにすぎず、日常生活の治療薬という扱いであるため、これがED治療における保険の適用がされない原因となっています。

 

 

そのうえ、糖尿病を併発している人には効果がほとんど見られなかったり、心臓関係の疾患がある人には副作用があったりするなど服用できないケースがあるのも欠点です。

 

 

EDの治療薬は以前であればバイアグラが主流でしたが、近年ではレビトラやシアリスといったさまざまな薬が登場しています。

 

 

いわば、患者の症状に合わせて薬が服用される時代になってきているのです。特にレビトラは効果や持続時間はバイアグラと同じくらいであるにもかかわらず、効果が出始めるのが15分とバイアグラよりも早いです。

 

 

偽物のED治療薬がはやっているという現状:

 

 

治療薬の種類も増えてきて、患者の症状に合わせての処方が可能になったED治療薬ですが、一方で偽物の治療薬が出回ってもいます。

 

 

特にバイアグラの人気に乗じて、偽物のバイアグラがネットを中心に広く出回るようになってきており、2006年には国内だけで実に14万錠もの偽バイアグラが押収されたというほどです。

 

 

このように偽物が広く出回る原因はバイアグラなどのED治療薬の値段が高めであるところに原因があります。

 

 

バイアグラは1錠で1500円と決して安い値段ではないうえ、他の治療薬もバイアグラと同じくらいの値段です。

 

 

EDに悩む男性としては、少しでも安く入手したいと思うのも当然で、そこに治療薬の偽造業者や、彼らと関係の深い販売業者が目をつけて偽物を多く偽造・販売するに至った、という経緯があります。

 

 

そのうえ、偽造薬は不衛生な工場で作られることが多いため、服用しようものならED治療どころか体に悪影響を及ぼしかねないことになります。

 

 

このため、偽物ではない正規の治療薬を処方してもらうにはきちんとした病院やクリニックに通院することが大切です。

 

 

まとめ:

 

 

いかがでしたか?ED治療は基本として専門の病院の泌尿器科やクリニックで受診して、薬を出してもらう流れになりますが、保険がほとんどの場合適用されないという点だけは忘れないようにしてください。

 

 

治療薬もかつてはバイアグラだけでしたが、今では種類も増えて、患者の症状によって処方される薬の幅も広がっているのが現状です。

 

 

ただし、治療薬の偽物も出回っているため、きちんとした治療薬を処方してもらうためにも、ちゃんとした病院やクリニックを受診することが大切です。

 

ED(勃起不全)

この記事に関連する記事一覧