精力剤 おすすめ

精力剤の効果で勃起力増大!おすすめのサプリを実体験からランキング!

EDと肥満はどう関わっているか?


よく、EDと肥満は密接にかかわっているといわれていますが、それはどのようなメカニズムでそうなり、また何が要因でそうなるのでしょうか?

 

 

今回は、EDと肥満がどのような関係にあり、それを改善するにはどのようにすればよいかについて見ていきます。

 

 

肥満になるリスクが高いからこそ、EDになるリスクも高い:

 

 

現代社会では肥満になるリスクが高めです。仕事をしていれば長時間労働で夜中に帰ることもざらであったり、また仕事をしていなくても室内で過ごす時間も長めであったりするため、運動をする余裕がないという人も少なくありません。

 

 

加えて、食生活も外食やコンビニなどを使って済ませる人も多く、それらの料理の多くは肉料理が中心であるため、どうしても栄養が偏ってしまいます。

 

 

さらには、仕事をしていても、プライベートであっても人間関係などいろいろなことが原因でストレスがたまりやすいのも現代社会の特徴です。

 

 

これらの要因が複雑に絡まって、肥満になる人が急増しています。しかも、肥満というのは単に見かけが太って見えているだけでなく、外見が細くても内臓に脂肪がついているうえ、高血圧や高血糖の傾向がある、いわゆるメタボリックシンドロームになる人も少なくありません。

 

 

さて、肥満というものはEDとも深くかかわっているとよくいわれています。これは言い換えれば、肥満というものがいかに勃起や精力に悪影響を与えるか、ということも意味しているのです。

 

 

肥満はただでさえ脂肪などが目立つ上に、日常生活をするうえでもいろいろと支障をきたすのに、このうえEDの要因にもなりやすいとなると、おそらく多くの男性が気になって仕方のないことでしょう。

 

 

そのうえ、先ほども書いたように肥満になりやすい現代の生活様式である以上、EDにもなりやすいということは十分理解しておく必要があります。

 

 

肥満がEDを引き起こす要因とは:

 

 

それでは、肥満はどのようにしてEDの要因になるのでしょうか?それには体内についた脂肪が血管に与える影響が大きく関わっています。

 

 

まず、肥満は多くの場合、高血圧や高血糖などの状態とセットになっていることがあります。いずれの状態も動脈硬化を引き起こすリスクを伴っています。

 

 

内臓脂肪が増えると活性酸素が増えて、血管がぼろぼろになりやすくなるためです。動脈硬化が進行すると血管のしなやかさが失われるうえ、血管もより傷つきやすくなります。

 

 

さて、勃起のメカニズムは性的興奮が脳からペニスにある勃起神経に伝わり、それに伴ってペニスにある海綿体に大量の血液が充填されて、結果としてペニスが膨らむというものです。

 

 

しかし、血管がボロボロになってしなやかさが失われると、十分な量の血液が行き届かなくなってしまいます。

 

 

もちろん、この影響は勃起をした時にペニスに流れる血液の量にも及び、この量が不足することで十分に勃起ができず、たとえ勃起したとしても中途半端な状態でしぼんでしまう中折れになることもしばしばです。

 

 

さらには、肥満によって血管がボロボロになることで、そこで生成される一酸化窒素(血流の促進に必要な成分)の生成にも大きな影響を及ぼします。つまり、一酸化窒素が生成されにくい体になってしまうのです。

 

 

肥満を見直すことが、肥満由来のEDへの対策:

 

 

このように肥満という状態は、血管に悪影響を与えることでEDを引き起こす大きな要因となっています。

 

 

そのうえ、多くの場合が高血糖や高血圧といった1つ間違えると命取りになりかねないような症状とセットです。そうなると、肥満由来のEDを改善するにはどのようにすればよいのでしょうか。

 

 

結論から先に言えば、肥満という状態を何とかするに越したことはない、といえます。それでは、その具体的な方法について見ていきましょう。

 

 

それにはまず、食生活を見直すことが不可欠です。

 

 

最初に書いたように現代人は肉が中心の食生活になりやすい生活を送る傾向にあります。

 

 

このため、肉のような脂肪分が多いもの中心の生活から、大豆や鶏肉といったたんぱく質が豊富な食事を心掛けることが大事です。

 

 

たんぱく質にはアミノ酸が多く含まれており、実はこのアミノ酸こそがEDの改善や精力の回復に大きな役割を果たしてくれます。

 

 

というのも、精子はアミノ酸を中心に構成されているうえ、男性ホルモンの分泌を促進するうえでも重要な成分です。

 

 

そのうえアミノ酸は身体の基礎代謝を上げてくれるため、脂肪燃焼効果も高まり、メタボの状態の改善にも貢献してくれます。

 

 

加えて野菜類も積極的に摂取する必要があります。野菜類にはビタミンや食物繊維が含まれており、特にビタミンはEDの改善にも効果があり、ED対策のサプリでもビタミンが多いものが含まれているほどです。

 

 

食生活の改善と並行して必要なのが運動の習慣です。定期的かつ無理のない運動を心掛けることによって、体内について脂肪を燃焼して減らすことで血行を元の正常な状態に戻すことができます。

 

 

さらに筋肉を鍛えることで男性ホルモンであるテストステロンの分泌も促進するため、精力回復効果もあります。

 

 

まとめ:

 

 

EDと肥満の関係について見てきました。

 

 

肉中心の食生活になりやすいのと、運動不足に陥りやすい現代人の日常生活の中で肥満になる人が増えていますが、それは体内の血行を阻害するために、血流が欠かせない勃起にも悪影響を与え、EDを引き起こしやすくなります。

 

 

肥満はただでさえ健康な日常生活にも悪影響を与える存在であるうえ、EDをも引き起こしやすいということではより厄介な症状といえます。

 

 

だからこそ、たんぱく質や野菜類中心の健全な食生活と、定期的な運動によって肥満に対処することが、ED対策としても大切です。

 

ED(勃起不全)

この記事に関連する記事一覧